誰もが目指す安定志向!メーカー系SIerに転職するには

9763751

メーカー系SIerへ転職するあなたのメリットは?

SEとして毎日バリバリ働いている人の中には、今の生活で大丈夫かなぁと悩んでいる人も少なくありません。

そのような方は転職について真剣に考えたことがあるのではないでしょうか?

「転職」に対しての考えや真剣度合いは人によってまちまちですが、仕事の安定感や給料アップを目指す!と、考えている方にはやはりメーカー系SIerへの転職がおすすめです。

今までのSEとしてのスキルもいかせますからね。

メーカー系SIerは、大企業を親に持つシステム開発会社のため、親企業が存続する限りは、常に仕事が供給されます。
そのため、常に安定した開発業務を行える点が大きなメリットです。

また、親企業の業績が上がるとその恩恵を受けて、報酬も上がり年収アップにつながります。

安定志向なあなたにとってもためになる、メーカー系SIer転職に関するアドバイスを紹介します。

メーカー系SIerへ転職するには何が必要?

最近は景気が回復し、システム投資に力を入れる企業は増えてきました。
それに伴い、システム案件も増加する傾向があります。

今までシステム投資ができていない部分のリプレースや既存システム修正、新たなシステム開発など、今後もSEの需要が高まることが予想されます。
最近では新聞に毎日のように話題となる「AI」が主力となり、ますますSE人材の需要が高くなります。

基本メーカー系SIerの仕事は、親会社の営業から仕事がくるため、安定して働けることや給料が高く定期昇給や一時金も多く貰えます。
そのような環境にいるSEは、非常に恵まれた環境でもあり転職希望者も多いのが特徴です。

どうすれば、メーカー系SIerへ転職できるのでしょうか?
具体的にどのようなスキルを持っていれば転職可能なのでしょうか?

わたしも以前、メーカー系SIerに所属していましたが、基本は様々な言語・知識が状況に応じて必要となります。
それを磨くには最低でもこの2点はおさえておきたいです。

  • 1.一つ以上のプログラム言語を極める(高いレベルまでスキルをあげる)
  • 2.コミュニケーション能力を高める

1.については、所属するプロジェクトによって様々な言語を使用します。
そのため、どの言語でもいいのでプログラム言語を極めておけば、ある程度は応用が利くので、必要です。

逆にこれだ!という言語がないとやっていくのはつらいと思います。

2.についてはチームメンバーをまとめる管理者でなくても様々な人とコミュニケーションを取る場面が多く存在します。
コミュニケーション能力が高ければ高いほど上にのぼるスピードはやくなります。

特に、将来的に年収アップやスキルアップをしてプロジェクトマネージャーを目指したいという方には必要不可欠なスキルです。

また、メーカー系SIerは転職してからも資格が重要視されます。
面接試験では、とても有利になるのが資格です。
以下に紹介しますので是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

java

web

pm

転職成功率を高めるために

1172582
年収アップや安定した仕事環境は、システム開発にとって大きな魅力です。
そこで、条件のよいメーカー系SIerへの転職成功率を高めるために、まずは説得力のある志望動機を書く必要があります。
以下に採用成功率を高める志望動機のポイントについて紹介します。

まず志望動機を書く前に、応募先企業について会社の特徴、方針、運営方法など事前に詳細情報をしっかりと調べ把握しておきましょう。
会社の強みや特徴を分析・把握した上で、自分の中の最も強い志望動機からポイントを絞り明確化させていきましょう。
特に、「御社にはこういった強みや特徴があるからこの会社でなくてはならない」という部分を強くアピールすることで企業側に「第一志望」と納得させる内容にすることが大切です。
また、会社が持つ強みや特徴が自分にとってどのようなメリットとなるのかもしっかりと回答できるようしておきましょう。

企業側は、応募者に対して「同じ目的・方向性に沿って、一緒に協力しながらやっていける人材」を求めているので、事前に調べておいた会社の方向性、ポリシーと一致する内容にすることがポイントです。
さらに今までのエンジニアとしてのキャリアや経験を、今後どのように活かせるかも分かりやすくアピールできるとよいでしょう。

転職活動は、大量の時間と手間がかかり、働きながら1人で応募先企業との連絡調整・アポ取り・応募書類作成・送付など全て1人でこなすのには限界があります。
そこで、転職活動をより効率よく進めていくためにIT業界専門の転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントを利用することでこういった煩わしい作業を全て代行してもらえ、応募書類や面接に関してもプロ視点のアドバイスを受けられるため転職成功率はぐんと高まります。
「システムエンジニアとしてメーカー系SIerへ転職した場合、自分のスキル・経験が通用するのか」等、不安や疑問もプロの視点から適確に指摘してもらえますので、是非1度エージェントに登録してキャリアカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

転職エージェントも多種多様なので、まずは複数のエージェントに登録をして、その中からご自身のニーズに最も合ったエージェントを厳選してみてください。

SE転職に役立つ転職エージェント

リクルートエージェント

r-agent_Post_Snippets
役立つ理由


リクルートエージェントは、情報量が豊富で業界No1!
スケールの大きい転職エージェントです。

営業拠点も多く、気軽に利用できるの点がこれから転職をはじめようとする人にも嬉しいポイントです。

無料で利用できる転職エージェントは、転職活動をこれから始めようと考えているみなさんを最大限サポートしてくれる頼れる存在です。
積極的に相談して、転職に関する不安や疑問点、自己の強み・弱みなど転職に関わる情報をすべて洗い出してもらいましょう。
そして、ぜひ、自分が納得のいく転職活動につなげてください。

まずは無料相談からはじめましょう。
公式サイト

レバテックキャリア

levtech_Post_Snippets

役立つ理由


レバテックキャリアはシステムエンジニアに特化した転職エージェントです。
キャリアアドバイザーの方はシステムエンジニアとしての知識も豊富です!
また、模擬面接の質は、本番さながらの環境で実施されるため、面接の前に大きな自信をつけることが出来ます。
そして、今までは気づいていなかったシステムエンジニアとしてのアピールポイントなども新たに見つけてもらえるかもしれません。

また、レバテックキャリアの非公開求人数は業界最大級です。
マネージャーや人事担当者などの繋がりも強くダイレクトに求人を得ることができるため、他社のエージェントでは提供できない高収入の求人なども扱っています。

公式サイト

[leverages_Agent]

サブコンテンツ

このページの先頭へ