転職活動はいやだ、疲れた、辞めたい!と思った時に読む3つのこと

14209297

転職活動を始めてはみたものの、書類選考がなかなか通らないので、このままでよいのか…。

面接へは進んでいるのに、一向に内定が出なくその先に進めない。

「転職活動をいつまで続ければいいのか…」と、転職活動に疲れてしまった場合に効果が発揮する、3つのことで頭の中を整理しましょう。

  • 転職活動に疲れて、マイナス思考に陥りそうになったら、いったん休憩
  • 久しぶりに昔の友だちに会って「どんな仕事に向いているか」を相談しよう
  • 面接を受けるその前に!採用担当者や現場で働く人に会って、選択肢を増やす

転職活動に疲れて、マイナス思考に陥りそうになったら、いったん休憩

先に退職して転職活動を始めたものの、いざ活動してみるとなかなか内定が出ず離職期間が長くなってきている。
現職の仕事も忙しいなかで時間をやりくりして転職活動を進めているんですが、満足できる会社の内定を得ることができない。
先が見えない期間が続くと、肉体的にも精神的にも疲れが出てきます。
そんな時は、一日を争うような事情でもない限り、思い切って活動を休む勇気を持ちましょう。

まずは頭の切り替えが必要です。

転職活動が長期化するのは、実は結構あります。
それでも、短期間で転職を決めた同僚の話などを見聞きすると、焦りを感じます。
なかなか転職先が決まらない人は、「自分はどこからも評価されないんじゃないか」というように、後ろ向きの考えに陥っていることが少なくありません。

面接や書類選考を「自分が評価を下される場」だと考えていないでしょうか?
選考は、企業から一方的に評価される場ではありません。

あくまで、個人と企業の「マッチング」の場です。
なので内定がなかなか出なくても、それはあなたの個性や能力がその会社と合わなかったというだけです。
あなた自身を否定されているわけではありません。

久しぶりに昔の友だちに会って「どんな仕事に向いているか」を相談しよう

11820358
本音をいうと、早く転職先を決めたい!と誰もが思います。
自分とマッチする会社と巡り合うにはどうすればいいのでしょうか?
求人を探したり、応募したりといった転職活動を休んでいる期間に、いろいろな人に会って話を聞いて、視野を広げることをおすすめします。

転職活動が長期化する人の傾向の一つとして、下記のような理由があげられます。
「いまの仕事や環境が嫌で、早く辞めたい」
「自分には向いていない」

上記のような思いが強すぎると、自分の向き・不向きを冷静的かつ客観的に見られなくなっていることが多いからです。

そんな時は、客観的に見てくれる第三者に意見を聞いてみて、自分がどんな仕事に向いているのかがわかるヒントがあります。
特に堅苦しく考える必要はありません。
学生時代の友人、転職したかつての同僚、先輩などを食事にでも誘って、近況報告がてら「自分はどんな仕事に向いていそうか」を率直に相談してみましょう。

真剣に相談すれば、「あなたにはこういう仕事が向いていると思う」とストレートにアドバイスくれることもあります。
「昔こんなことやりたいって言っていたよ」と、自分のやりたかったことを思い出させてくれるかもしれません。

できるだけ自分とは違う視点を持っている例えば異業種で働いている人などと会うほうが視野は広がります。
ベストは転職経験者に会うほうがよいです。

できるだけたくさんの人に相談してみて、多様な意見を取り入れるほうが効果的です。
仲が良いからと言って、現職の同僚や先輩、など今の仕事に関係する人は、できるだけ避けた方が無難です。

面接を受けるその前に!採用担当者や現場で働く人に会って、選択肢を増やす

しっかり休暇を取って、友人たちとも話をして、そろそろ転職活動を再開しようかと思えたら、少しずつ活動を再開しましょう。
最近では、ネットを使って求人を探したり、企業の評判が分かる口コミサイトを見てみたりして情報収集をすることが主流となってきています。
転職活動に必要なプロセスですが、情報量が多いので、自分の志向に合ったものや見たい情報だけを見てしまいがちです。

どうしても情報の量に押されてしまいがちになってしまい、やり方を少し変えてみましょう。
「情報はデジタルではなくアナログで」を重視することは有効な進め方の一つです。

希望の仕事の方向性が見えた後の転職活動のオーソドックスな進め方は、「希望に近い会社・仕事を探す」→「求人へ応募」→「書類選考」→「面接」というパターンですが、「面接」の前の段階であっても会社の採用担当者や現場で働く人に会って話のできる機会がいくつかあります。
こうした機会では、あなたの考えへの率直なフィードバックが得られたり、あなたがこれまで考えていなかった業界や会社が実は合いそうだと気づけたりして、選択肢を広げることができるでしょう。

まとめ

いろいろな人の話を聞くと、自分に向いていることや、やりたいことについて考えがまとまるかもしれません。
ここまでの過程で、転職先として興味の持てる企業が見つかる可能性もあります。

情報収集をメインに始めたアクションであっても、感触がいい企業があればもちろん選考に進んでOKです。
肩肘張らずに、そこから、本格的に転職活動を再開してみましょう。

長期化を避けたいなら、不満が解消できる求人には応募してみることです。

自分に向いていることや、やりたいことが分かっているのに、転職活動が長期化する人は、応募に慎重になりすぎていてほとんど応募していないという傾向があります。

例えば年収アップを条件に求人を探していたはずなのに、「年収はいいけど、残業が多いから応募しないでおこう」いうことが起こります。
すべての項目で現職よりも条件が良くなる求人に受かるケースは珍しいので、現職や前職での不満が少しでも解消できることが分かったら応募してみるという姿勢も大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ