SEが絶対に知るべき転職事情について

1606854
SEの転職を考えている方向けに最近の転職事情についてまとめました。

SEの転職で現在の給料の倍を目指す方であれば、必ず知っておかなければならない重要事項ばかりなので、必ず見て頂き今後の参考にしてください。

大手企業が人気?!

ootekigyou
「大企業で大規模プロジェクトに携わりたい」
「安定した大企業で、安定した給料を受取りたい」
「最新技術の教育を受けてスキルをのばしたい」

という気持ちになるのはよく分かります。
実はわたしもそのひとりでした。

大企業というのは、みなさんが想像するようにSEとして働くのにとても魅力的な要素がたくさんあります。
安定しているため、将来も安心して働ける場所のためとても魅力的ですよね。
また、ご家族にも安心してもらえます。

ちょっとまった!
大企業で働くSEを目指す場合に、必ず下記のポイントについて知っておいてほしいです。

希望の仕事にすぐにつけない

大企業で働くにしても、仕事ないようについては最初、我慢が必要な場合があります。
大企業に入社し、全員の方が自分の希望の仕事に就けるとはかぎりません。

はじめのうちは、希望の仕事を回してもらえる確率は低いと考えた方がいいです。

そのあたりは先方との面接でよくヒアリングをした方がいいです。

最新技術のスキルについて

大企業では、毎年、優秀な新入社員や中途入社の社員が入ってきます。

新しい技術にたずさわるにはやはり、若い人の方が有利です。

仕事内容によっては、経験を重ねたSEだからこそできる仕事はありますが、多かれ少なかれ山あり谷ありであることは間違いありません。

特にSEの人は他人との競争を好みません。

大企業では、希望のポストの取り合いがあるため、日々競争しながら働く場合が多々あります。

正直なところ、会社によっては上司に根回しして・・・ということもないとは限らないのでそういった点は注意が必要です。

35歳定年説を検証

35saiteinenn
SEの方であればかならず耳にする35歳、40歳の定年説があります。
しかし、その噂は本当なのでしょうか?

SEに限った話ではありませんが、30代になると企業側が求める人材のハードルが高くなります。
いわゆる「中間管理職」のスキルを求められます。

そのため、SEだからといってエンジニアとしての即戦力だけでは通用しないケースもあります。
会社によっては、マネージャとしてのスキルを求められます。

 ・プロジェクトリーダーとしての全体管理
 ・客先との調整
 ・複数人の部下の管理
 ・仕様を考える  ・・・

また、会社によっては「中間管理職」のポストは新入社員で今までがんばってきて、社員からの人望もあつい社員をあてがう傾向があります。
そのため転職者を迎え入れて「中間管理職」のポストに配属ということも狭き門となります。

「定年」という言葉はいいすぎではあると思いますが、自身のスキル、年相応にあったポストの空きなど様々な条件がそろわないと、難しいという点でこの「定年説」が生まれたと考えてもよいでしょう。

資格は必要か

sikaku
IT関連の資格はたくさんあります。
ただ、資格をたくさん取ったということだけをアピールしてもPR材料としてはあまり重要ではありません。

今までのスキル(職歴)の方が最重要視されます。
もし、資格をアピールするのであれば職歴を交えてアピールするのであれば効果は抜群です。

正直、資格王のような方はたくさんいました。
大手の会社に所属している方は、高学歴の人が多いですので、勉強に関しては得意なかたが多いですからね。

ただ、わたしの前職でもそうでしたが、昇格するのにIT関連の資格が必要という場合がありました。
そのため、会社のために取るという印象が個人的には強いです。

女性SEの転職事情

zyosei
女性の場合、出産や結婚といった人生の大きなイベントがあります。
そのため自己の都合だけではなかなか転職も難しく、大きな選択肢になります。

これからも仕事をばりばりやっていき管理者を目指すのか、家庭との両立をめざすのか、それとも家庭に入るのか人それぞれ価値観があります。

「いまの仕事が体力的にキツイから」とか「給料が少ないから」といった目の前の目的で転職するのではなくて、今回の転職で何を叶えたいのかをはっきりさせてから転職活動するべきだと思います。

私がもともといた会社では女性の比率も高く、同期50人中20人が女性でした。
また、育児休暇の制度もあり約80%以上の方が職場復帰をしていました。

また、職場復帰後、2年ほどは時間短縮を利用することができたの、仕事と育児を両立される方が多くいらっしゃいました。
大手の企業だけあってそのあたりの福利厚生面がよかったのも女性には魅力的であったと思います。

女性SEに関して色々と見ていると、女性の方が体力的な問題があるだけでなく、真面目で周りに迷惑をかけられないという理由で無理をして体調を崩してしまう方も多いです。

もし今の仕事が開発で体力的、精神的にツライ、これから30代、40代を過ごすのは大変、という理由でしたら今の会社内での部署異動も念頭に置きながら、転職活動をされることをおすすめします。

給料は下がるかもしれませんが残業が無い部門での求人を探しましょう。

結婚して家庭を大切にしたいという方も同様です。

20代のうちに将来を見据えた行動をしましょう

20daide
将来を見据えて考えた場合に、今後SEとしてやっていくなら管理職を目指すべきです。

まずは、万能なSEになるためにもエンジニアとして「即戦力」になる必要があるため日々意識をする必要があります。

また、管理者にはなるには、マネジメントが必要となるため、はじめはマネジメント手法を学びつつ、自身の仕事に対して時間・利益・コストを意識しながらを従事する必要があります。

新しい技術、仕事に積極的に挑戦したり、教育を受けられるのは20代までである、という点を意識しましょう。
大手企業の場合、教育が充実しており、社外セミナーに参加できるなどの特権もありました。

社外セミナーを受ける枠が決まっていたため、私はほぼ応募をするようにしていました。

日々の生活の中で下記の観点に関しても意識して取り組むようにすると良いです。

マネジメント面

個別のタスクを「期日どおりに確実に」遂行できるように、期限設定・リスク管理をして信頼や責任感を形成する。
与えられた仕事や、目の前のタスクに全力で取り組むようにする。
自分なりの「仮説」を立てながら行動する。

専門分野と適性の面

20代のうちに全力で自身の才能を伸ばす。
得意分野・専門分野を意識して自身の領域を伸ばす。
自分の好きなこと・打ち込めることを確立して、小さな分野でいいので極める。そうすることで人脈を広げることができる。

スキル面:

基礎を極めて確実にステップアップする。
技術面だけではなく、社外に行っても通じる汎用性のあるスキルを伸ばす。
財務諸表など事業に関わる数字を読み解けるようにして、企業分析の能力を身に付ける。
語学や資格の勉強をする。

ヒューマン面:

忙しくなる前に、様々な業務を経験したり、社会経験や人生経験を積んでおく。
営業の経験や国内・国外の旅行など広い視野を持つ。
大きな失敗を経験しておく。

サブコンテンツ

このページの先頭へ