「SEの実情」の記事一覧

SE転職で成功するには!35歳までに「自分の本職」を決めるべき

SEの転職で成功するには、35歳までに「自分の本職」を決めるべきです。 最近は「正社員の求人倍率が初の1倍超え」というニュースが話題になっています。 しかし、ミドル世代の転職(35歳~)によるキャリアアップはなかなか簡単ではありません。 求人数が伸びて、選択肢が増えていますが、逆に「自分のキャリアをどう描けばいいかわからない」という人がいます。 企業側に「自分のキャリアが不安定」と見抜かれてしまう・・・

残業上限60時間!?SEにとってはおいしい話になるのか?

SEの残業問題は解決するのか? 徹夜・サービス残業は当たり前! 長時間労働が常態化し、ブラックな業界として名高いIT業界です。 中でも特にSIerと呼ばれる企業と、その下請け企業群が形成するSIピラミッドに関わってしまうと、SEが定時帰りすることなど不可能に近いです。 そんな中、政府は「働き方改革」として企業の残業時間を月60時間に制限する上限規制の原案をまとめました。 企業の繁閑に配慮し、忙しい・・・

SEの仕事は35歳が限界ではない!できる人の共通点5選!

SEの仕事は35歳が限界ではありません。 体力的にはなかなか厳しい点もありますが、その固定観念を取り払うべきと考えます。 ここ数年は、若年人口の減少やリーマン・ショックからの立ち直りなどによる求人需要の増加を受けて、ダイバーシティー(多様性)やブラック企業問題、外国人の受け入れ、在宅ワークや働く女性のための環境整備など、雇用市場を取り巻く環境が加速度的に変化しています。 さらに、終身雇用制度や年功・・・

SE職の能力不足が辛くて辞めたい!けれど中々転職に踏み切れない人に!

仕事を上手くこなせない。 SEとしての能力不足で仕事ができない。そんな気持ちを抱きながら毎日会社に行ってませんか? 入社当社はもっと頑張ろうと思っていても、上司に怒られたり、周囲から冷ややかな目で見られるのが毎日のように続いてしまうと、仕事に対する自信を無くなり、会社に行くのが辛くなってきます。 さらにそれが続けば会社を辞めたくて転職しようかな…。 そうなった時に思い切って辞めて、もっと自分の能力・・・

女性SEが転職するため時に考える「幸せになる会社選び」3選

将来は結婚もしたいし、その前に恋もしたい。 当然ですが、仕事だってちゃんとしたい!! でも、このままだと「気がついたら一人」パターン…… と、ふと思うことは当然あります。 ちょうど結婚や出産、子育てなどのライフステージの変化を意識し始めるお年頃の皆さんの頭をよぎるのは、やはり「転職」ですよね。 具体的に転職を考えだすと、多種多様な企業から求人が出ていて驚くのではないでしょうか。 特にはじめての転職・・・

転職活動はいやだ、疲れた、辞めたい!と思った時に読む3つのこと

転職活動を始めてはみたものの、書類選考がなかなか通らないので、このままでよいのか…。 面接へは進んでいるのに、一向に内定が出なくその先に進めない。 「転職活動をいつまで続ければいいのか…」と、転職活動に疲れてしまった場合に効果が発揮する、3つのことで頭の中を整理しましょう。 転職活動に疲れて、マイナス思考に陥りそうになったら、いったん休憩 久しぶりに昔の友だちに会って「どんな仕事に向いているか」を・・・

転職サイトの未経験者歓迎には気をつけて!SEやプログラマーに転職する際のポイント

転職サイトで「未経験者歓迎」の誘い文句をよく聞くと思います。 業界未経験者の方がSEやプログラマーへの転職を希望する場合、どうしても気になる文言だと思います。 ただ、そう言った企業は本当に安心して大丈夫なんでしょうか? また、転職サイトなどに載ってるところに転職しても長く続きことができるのでしょうか? そんな不安を持った方でも、少しでも有利になるようなポイントを紹介していきます。 未経験からSEへ・・・

SE転職に有利な資格 | IT関連の転職で取得して役に立った資格を紹介します

資格取得することで多岐にわたり、有利に運ぶことができます。 特にIT関連の企業に努める場合、資格の取得していないと昇格ができないという会社が多いです。 また、資格取得することにより合格一時金や資格手当が給付される会社もあります。 私はどちらかというと、資格取得により「金銭面」での恩恵を受けてきました。 転職時にも、履歴書に取得した資格がずらっと並んでいるとアピールポイントの一つにもなります。 今回・・・

「最強のシステムエンジニア」とは? | わかりやすくご説明します。その4

ここまで「最強のシステムエンジニア」の条件を、本質的価値、能力的価値、付加価値と分けてご説明しました。 実際のところここまでの説明で、システムエンジニア固有の能力や技術については何も説明していません。 システムエンジニアとえいども、どんな仕事でもできるつぶしのきく万能職人になってほしいとの思いがあります。 ビジネスマンとしての資質こそが必要となる これからのシステムエンジニアは、技術が変化しても価・・・

「最強のシステムエンジニア」とは? | わかりやすくご説明します。その3

ここまで本質的価値と能力的価値について説明しました。 本質的価値は心の問題、能力的価値はスキルの問題です。 とくに能力的価値は努力しだいで取得可能で、伸ばすことができます。 ですが、これから述べる付加価値は自分の意志ではどうにもならない能力です。 ある種の才能です。 システムエンジニアに限らず、あらゆる職業人にとって、これは大きなウェイトを占める要素です。 ただ、付加価値はなくてもかまいません。 ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ