リクナビNEXTを利用した10人に聞きました!口コミを参考にして比較検討しましょう。

rikunabi_kutikomi2
リクナビNEXTを利用者した、または興味を持った個人による主観的な評価をまとめました。

転職するには必ず転職エージェントや転職サイトを使用しますので、比較材料の一つとして参考にしてください。


「リクナビネクスト」公式サイトを見る

リクナビNEXTの10人の口コミ

A.Hさん

月給の収入面では大きく変わらないように思いました。
しかし、大手会社を扱っていることだけあって福利厚生、賞与を考慮すると年間ではしっかりと収入がアップしました。

前社より会社規模が大きくなり、会社体勢がしっかりしている為、前社であった給与不払いということは全くなさそうです。
最近では転職が世の中に認知されてきているため、不当な扱いを受けている会社で働き続けている方は、すぐに取り組むべきです。

不当な扱いでは、何の幸福にもつながりません。

自分が何をしてきたのか、これだけならできるという物があれば転職は必ずできると思います。

S.Mさん

転職サイトは大きく分けて2種類存在し、エージェントありとエージェントなしです。

前者は会社に入るよう全面的にバックアップをしてくれる反面、一回一回エージェントを通さなければいけない分時間がかかってしまいます。

エージェントなしは時間は掛かりませんが、全て自分自身で行います。

私はエージェントを通さなかったおかげなのか、リクナビNEXT登録当日に、5社応募し、登録から6日目には1社目との面接にこぎつけました。
さらに登録から11日目に2社目との面接しました。

結局、2社目に面接を受けた会社から内定をもらい、登録から内定まで15日間というスピーディーな転職が出来ました。

私は、転職は結局自分自身で達成すべきと思っている為、エージェントなしをお勧めします。

W.Sさん

スマホで簡単に求人確認、転職活動の進捗も把握しやすくてとても便利です。
iPhoneアプリもあるため、スマホでも便利に使えました。

他の転職サイトも複数使用していますが、やはりスマホ利用も考えたらリクナビNEXTが一番利便性が良くおすすめです。
まず、求人検索がしやすく、ITエンジニアについては専門サイトもありとても重宝しました。

また、気になった求人を一時保存的にマイページに保存しておけるので、あとでゆっくり求人を確認したり、その企業のホームページを見に行って事業内容を確認したりしてました。

私の使用方法としては、移動中や仕事の空き時間にスマホで求人を確認して、気になるのは保存して後でゆっくり確認する使い方でした。

他社に比べて求人がとにかく多く、新しい求人もどんどん入ってくるのでリクナビNEXTはすごいと思います。
ほとんどの求人がリクナビNEXTにはあるので、他社に登録した意味はほとんどなく、リクナビNEXTだけでカバーできちゃってた気がします。

スカウトメールは紹介会社からのメールも多く、希望に合わない求人が多かったためあまり使ってません。
書類選考は通りやすいとも、通りにくいとも思わなかったので、選考に関しての過度な期待は禁物です。

私が感じたのはあくまで求人面での良さと使いやすさで、このへんは他社より光ってました。

W.Sさん

通勤時間だけで転職活動ができました!

仕事の環境や人間関係で悩むことが多くなり、まずは情報収集のため、リクナビNEXTに登録をしました。

昔、旅行した時に登録した「じゃらん」で作ったIDがそのまま使えたので1分ぐらいで完了しました。

情報収集といっても通勤時間に気になる仕事をチェックするぐらいだったので1日15分ぐらいしか見ていませんでした。
仕事情報も見やすいですし、気に入ったらすぐにお気に入りに保存できるので複数使った転職サイトの中では一番見やすい作りだと感じました。

私はスカウトと自分で検索する機能を主に使っていました。
転職した会社はスカウトメールからエントリーした会社です。

恐らく自分で検索していたらまず見つけられることはできなかったと思います。

また、毎日どんどん新しい仕事が送られてくるので、私を受けれてくれる会社は世の中にたくさんあるんだと認識し、転職活動を前向きに行うことができました。

パソコンを開いたのは履歴書を書く時だけで、あとは殆どスマホで済ませました。

ほぼスマホのみでできることを知らなかったのでとても驚いています。

私みたいに仕事しながら転職を考えている人にはとてもオススメです。

載っていた情報もとても細かく書かれていたので働き始めてから違和感を感じることはありませんし、転職したことで私生活でも前向きになれているのであのまま悩みながら前の会社にいなくて良かったなと思います。

O.Tさん

転職しようと思いまず初めに登録したサービスがリクナビNEXTでした。
前職では総務部におり、人事を兼務で中途採用の広告を出した経験もありました。

その中でも個人的にいい印象だったのがリクナビNEXTです。

実際に求人を出した経験から言うと、リクナビNEXTの求人量・質が高いためか、応募者の質・量が高い印象をうけました。
(あまり有名でないサービスを使ったときは、応募者が激減してびっくりしたことを覚えています)

長年中途採用を経験している企業からすれば、ここに求人を出すことは間違いないのでは、と、肌感覚で思っています。
やはり同業の企業も何社も求人を出しているので、転職する側としては使いやすいサービスですね。

実際に転職者として使ってみて一番驚いたのは、スカウトメールの多さでした。
自分でスカウトメールを送っていた頃には気づかなかったのですが、こんなにたくさん来て、しかも埋もれてしまうものなんですね。。。
学歴・職歴などチェックしたうえで送ってきているため、ある程度的を絞っているはずなんですが。。。
メールって、求人企業からではなく、スカウト会社からのメールも多いものなんですね。

しかし見方をかえると、求職者としてスカウトメールは鬱陶しいものですが、スカウトメールは企業にとって投資です。
スカウトメールに手間と資金をかけている=中途採用に力を入れており、資金に余裕のある企業であることは間違いないので、有名企業でなくても優良企業が隠れている可能性があります。
いくつかスカウトメールの中から面接に進んでもみました。

実際に就職が決まったのも、スカウトメールの中にあった1社でした。
国内外で業績を伸ばしている優良企業でした。
やはり狙い目があたりました。

検索でも魅力的な企業がありましたが、人事部長の熱意と、面接でお会いした社員の方の印象で、一緒に働いてみようと思えた1社でした。
やはり長い時間をかけて働く場、会ってみないとわからないことが多いものです。

結局のところ他のサービスを使ってみたりしましたが、結局転職終盤はリクナビNEXTを使っていました。
求人の更新も多くスマホでの使い勝手もいいので、大手リクナビさまさまだと感じました。
企業としても転職側としても、他サービスには代えがたいのではないかと思ってます。

S.Gさん

転職活動を本格的にするよりも前の段階、「転職したい」と漠然と考えだした頃にリクナビNEXTに登録しました。
働きながら求人動向のチェックはできるし、私の経歴でどれくらいの年収相場かな~って確認ができるのがとても良かったです。
チェックは会社の行き、帰りの電車の中でスマホで見るようにしてました。

友達の会社の求人とかあると、年収いくらくらいってわかっちゃうので求人を見るのって意外と楽しいです。

本格的に転職活動を開始したのはリクナビNEXTに登録して半年後くらいでしたが、それまでに求人だけは見てたので転職に関する知識は身についていたのが、すごく転職活動で役に立ちました。

転職エージェントの中には、「私に合う良い求人です」って悪い求人を進めてくる人もいますので、そういうのを見抜けるようにはなってました。

リクナビNEXTの欠点をあげると、オファーメールがたくさん届くところ。
テンプレートだとすぐわかるような求人が送られてきて、興味を持って進めようとすると、人材紹介会社に登録に来てください的な感じで誘導されました。
なんだよ!!って感じですね。。。

メールはとりえあず無視してればいいので問題ありませんが。。。。

他の転職サイトよりも求人はとても多いですし、サイトも見やすくて使いやすいので、転職活動のタイミング前に登録しておくと便利ですし、様々な情報が得られて良いと思います。

K.Rさん

すぐに転職するつもりはなかったのですが、自分の年齢で転職を希望した場合、どれくらいの求人が見込めるのか確かめておきたくなって、念のために登録しています。

リクナビNEXTでは匿名で職務経歴や転職希望条件などが登録できて、興味を持ってくれた企業や転職エージェントからオファーが届くシステムになっています。

その際も現在在籍している職場などの情報を匿名にしておき、相手企業に対しては情報を開示しないという設定もできるので登録内容にも安心感はあります。

それでも登録してから数日で企業からオファーが届いたので、転職できそうかどうかの目安として活用するのもありだなと思っています

T.Rさん

SE職でこれまでに3回転職しています。

他社サイトも複数利用しまたが、個人的にはリクナビNEXTが使いやすいイメージで、ここで2回の転職先を決めています。

特に色々な細かいサービスは利用しておらず、自分の気になった会社のみに応募して受けていくという方法でした。

転職エージェントの場合、色々な支援を行ってくれる点はありがたいのですが、昼間の就業時間帯でも関係なく、電話でカウンセリングや求人の案内をしてくるのは、正直困った時がありました。

転職する人は必ずしも無職とは限らないのだから、できるだけ今の勤務先にバレないようにしたいという心理はもっと汲み取って貰いたいものです。

H.Hさん

SEの需要が高いことは既に知っていましたので、スカウト機能メインに登録しました。

最初の内は思っていたよりもスカウトが来るなという印象でしたが、次第にテンプレのスカウトメールが多いことに気づくようになりました。

DMのような印象を受けてしまうスカウトメールが多いのはデメリットです。

しかし、情報収集はできたので、スカウトがないよりはマシです。

自分が知らなかった企業を知ることができるわけですし、
メールが多いのは見ようと思う案件だけピックアップして、あとは無視すれば良いのですから使用する分にはあまり気にしていませんでした。

また、スカウトは転職エージェントからも受けることが多かったです。

結構な数の会社がリクナビNEXTのスカウト機能を利用している印象でした。
せっかくなので、情報収集用にと数社ほど利用してみることにしたのですが、結果、私の転職先はエージェントで決定してしまいました。
転職先の提案や職務経歴書の添削だけでなく、給与交渉までしてくれるはありがたかったです。

転職の決定がリクナビNEXTではなかったとはいえ、登録してスカウトがこなければ、いろいろなエージェントを知ることができなかったので、そういう意味では利用して良かったと思っています。

W.Kさん

前職の時よりもSEのスキルアップをしたく、また正社員として働きたいと考え、転職を決意しました。

しかし、なかなか自分が求める条件に見合った求人は、年齢的にも厳しいものがあったのですが、リクナビネクストは色々な求人を探すことができ、また、求人特集などで様々な条件から自分が希望している条件で検索することが容易なので、とても効率的に転職活動を行うことができました。

また、グッドポイント診断など、自分の能力は何に向いているのかなど、客観的に診断してくれるのはとても助かりました。

自分のスキルを今一度見直すこともできたので、今まで培ってきたそのスキルを活かして、リクナビネクストで効率よく転職活動をすることができました。


「リクナビネクスト」公式サイトを見る

サブコンテンツ

このページの先頭へ