IoT実用化の事例!身に付けるloT「ウェアラブルデバイス」

apple_watch
2015年にAppleが発表した「Apple Watch」は大きな話題となり、時計という身近な日用品がITによって劇的な進化を遂げた事実が、多大なインパクトを与えました。

そこには腕に付けた時計が、時を知らせるだけでなくメールを受信し、さまざまなアプリによって多彩なサービスも受けられ、アクションが起こせるという、IoTが描き出す新しい時代の到来が示されていたからです。

センサー内蔵のデバイスがインターネットにつながり、サービスを提供するしくみがIoTですが、ウェアラブルデバイスほどIoTと相性のよいガジェットはないかもしれません。

なぜなら、デバイスを直に身に付け、行動をともにするからで、「ユーザーを絶えずインターネットにつなげるモノ」ともいえます。

そう考えると、ウェアラブルデバイスが進む方向性も見えてきます。

それが、人の生活に寄り添う分野です。

moveband
現在、大きなテーマになっているのが「ヘルスケア」です。

たとえばドコモ・ヘルスケアの「ムーヴバンド3」は、身に付けるだけで、歩数や移動距離、消費カロリー、睡眠時間・状態のデータを記録・算定、専用アプリに結果を表示します。

さらにオプションのアプリを使うと、生活習慣を改善するアドバイスまで受けることができます。

なかなか毎日意識しづらいのが健康ですが、このようなウェアラブルデバイスの普及は、私たちの健康意識に変化をもたらすことが想定されます。

生体情報を見える化し、またデータ蓄積・分析により一人ひとりへの提案もできます。

IoTは、人の生活を支える技術でもあるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ