【フリーランス】SEの転職で2000万円稼げる!?

選択比較選び方
ITエンジニアと一言で言っても、実にいろいろな職種の人がいます。
「2000万円稼ぐ」と銘打っていますが、さすがに、プログラムのコーディングだけを請け負って年間2000万円の収入を得るのは難しいと言わざるをえません。
しかし、プロジェクトマネージャやコンサルタントのスキルをもった人であれば、2000万円といわず、3000・・4000万円、ともすれば年間5000万円以上を荒稼ぎする
可能性もあるのです。

独立しているエンジニアで、とくに30代中盤から40代後半の層にあたる人は、知識も経験も豊富であり、各種マネジメントができるとか、ちょっとしたフレームワークを持っているとか、
いろいろな会社に幅広く人脈を持っているとか、やはりそれなりの特徴を持って活かしています。
そのような人が年間2000万円稼ぎ出す人と言えます。

さらに、普通の業界なら30代後半から独立するところが、IT業界なら30代前半から独立している人が大勢います。
若くても独立のチャンスがある業界なのです。
しかし、先進的なIT業界でも20代前半でいきなり独立するのはどうかという気もします。
中にはすごい技術を持っていて、20代前半からフリーで働く人もいますが、それは例外中の例外としてみた方がよいでしょう。
やはり会社に入って2、3年のうちは、知識も経験も人脈も少ないですし、組織にもまれることも必要だと思います。

そのうちにサラリーマンの限界や、自分の限界、逆に自分の可能性、そういったものが見えてきます。
もし、20代前半であれば将来を見据える準備期間としてみてはいかがでしょうか。

004

将来の独立を視野にいれて、専門知識を増やすもよし、得意分野をスキルアップするもよし、人脈を形成するもよし。

何の目標もなく組織に流されて20代を過ごす人と、独立としう明確な目標を持って切磋琢磨してきた人では、その差は歴然です。
どのような年代の人でも、独立するにあたり大事なのは、やはりどういう風に稼ぐのかということです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ