【フリーランス】自分の価格を設定する | 自分が顧客なら、あなたにいくら払うか想定する

image (1)
フリーのITエンジニアになると、直接営業でも、紹介のお願いでも必ず聞かれます。
「で、いくらです?」
そのときにしっかり金額の話かできなければ契約にはいたりません。

よって、実際に案件を取りに行く前に、自分白身の料金設定を考えてください。

そうはいっても、どういった働き方をするのか、どのような関わり方をするのかを想定していかなければ、適正な料金を算出するのは難しいと言えるでしょう。

まず一つ目に大事なのは、発注者側の立場でみたときに、自分が顧客なら、その稼働量に対して、いくらの報酬金額で委託するのか考えてみるということです。

サラリーマン時代に発注者側の立場を経験していればわかりやすいと思いますが、自分が顧客だったら、自分に対して、これぐらいの金額だったら出せるということを想定することが重要です。

 そこで変に謙遜して、自分の能力を過小評価しすぎてはいけませんが、反対に自信過剰になって、自分の能力を課題評価しすぎるのも困りものです。
過小評価であれば安く使われてしまい、過大評価であれば案件は逃げていきます。
あくまで客観的に顧客の立場にたって想定することが大事です。

そのためにも、競合となる企業ではいくらぐらいか、または正社員と比べてどこが違い、どれぐらい貢献できるのかといった下調べが必要なのです。

とはいえ、自分で設定した料金を伝えるときは、最初はとても勇気がいることです。
「私はいくらいくらで仕事をします」の反応が、
「うわ! 高いね」で案件が消えてしまうかもしれませんし、「え! 安いね」で失敗したと思うかもしれません。

しかし、最初のうちはそれで一喜一憂して料金変更するのではなく、とりあえず設定した金額を伝えることを繰り返してみればよいと思います。
料金設定で悩む人は多いかもしれませんが、まずは「言ってみる」ことが重要です。
それで見えてくるものがあります。

例えば、その料金設定だと二つ返事で案件が取れるのなら、価格設定は安いのでしょう。
きっとその価格で次もお願いされることでしょう。

一方でいつまでたっても案件が取れないとしたら、自分のスキルに料金がっりあっていないのかもしれません。

報酬がたくさん欲しい気持ちはわかりますが、あなたが顧客ならその値段でお願いしますか?

明らかに誇れる高い技術があれば、それに見合った報酬を望むのもわかります。
であれば、その能力を先方に納得させる努力も必要です。

先方からすれば、あなたはまだ、海のものとも山のものとも知れないのです。

また、自分の料金設定が適正価格であったとしても、先方の企業規模や、予算の関係で必ずしも同じような反応が返ってくるとは限りません。
以前A社でやったときと同じ業務内容なのに、B社では100万円も低いということもあるでしょう。
もしかしたらB社が様子見で低い金額を提示しているかもしれませんし、B社にすれば、あなた以外の人に依頼するとしても、その額が精一杯なのかもしれません。

もしどうしてもその金額が納得できないのなら、断る勇気も必要です。
もちろん交渉することはやぶさかではありませんが、どこまでなら妥協できるのかといった振れ幅も想定しておくことをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ